THE WORLD IS YOUR OYSTER

”the world is your oyster = 世界はあなたのもの”を実現したい大学院生のブログ

私が綺麗になりたい理由

 私は、日々自分に似合うメイクやファッションを研究し、脱毛サロンや眉サロンに通い、ヨガや筋トレに励む、いわば“綺麗になりたい女子”のテンプレです。

 綺麗になるために躍起になっている女の子を「自意識過剰だ」「もっと他のところにお金や労力を使え」と、醒めた気持ちでみてしまう方も多いでしょう。

 でも私には、たとえ多くの人にそう思われても、綺麗になる努力をやめたくない理由があります。

 

道端に咲く花のように

 まず単に、美しいものを見ていると心が癒されるということ。道路脇に植えられた花を見て嫌な気分になる人はいないでしょう。

 時に殺伐とする研究室生活。お手洗いに行って鏡の前に立ったときやガラス張りの建物の前を通るとき、そこに写る自分の姿が美しければそれが日々の潤いになります。

 

過去の私にエールを

 次に、女の子として日の目を見たことのない中学時代の私を慰められるのは今の私しかいないから。

 今でこそ初対面の人とも喋れるし友達もいるけど、中学時代は学級崩壊寸前の教室で陰口に怯えながら自分を押し殺し、ひたすら目立たないようにそーっ生活しておりました。思えば、笑うのが苦手になったのはこのときからかもしれません。クラスで笑いが起こったときに私も笑っていたら「なんで“外”の人間が“内”にいる私たちの流れに混ざってきているの?」という視線を向けられそうで怖かったのです。そしてそういう、目立つ派閥にいない女の子には、男の子から“女の子”として評価される権利は与えられません。

  当時の私や当時の私と同じ境遇にある女の子のことを思うと「大丈夫、私は綺麗になったわよ」「あなただって綺麗になって輝けるのよ」というメッセージを送って、少しでも励ましたいという気持ちでいっぱいになります。だから、これからも綺麗になる努力は怠らないつもりです。

 

“女”という性別を受け容れる

 最後に、これはちょっと特殊かもしれないけれど、自分が与えられた「女」という性別を受け容れたいから。

 私は幼い頃から気持ちの性別がわりとニュートラルなので、初めて生理がきたとき、とても悲しかったことを覚えています。お赤飯を炊かれたときなんか、これ以上の辱めはないと思いました。本当に死んでしまいたかった。これから社会で「女」というレッテルを貼られて「女」として生きていく…あまりにも生々しく気持ち悪い現実に気が遠くなり、自由を奪われたような気持ちになりました。

 旅行の計画を立てるとき、もともと泊まりたかった宿が取れなければ次に条件のいい宿を探しますよね?それと同じで、最も理想的な「女ではない」という状態が崩壊して「女」になってしまった以上、次に考えられる最善のカードは「綺麗な女性になること」。

 私にとって「女である」ことは最善ではないけれど、「綺麗な女性」になれれば「目当ての宿には泊まれなかったけどここも結構良かったな〜」というのと同じ感覚で、この性別を受け容れられると思ったのです。

 実際、女性としてのファッションやメイクに気を使うようになって、彼氏もできて、女性としての価値を評価されるようになってから、女性であることも楽しめるようになってきました。

 

最後に

 もちろん、外見だけに気をとられるのは良いことではありませんし、内から湧いてくる自信を持てるように努力することも大切です。でも、上記のように外見に気を使うことで気持ちに余裕ができたのも事実。

 過去と今と未来の自分のため、そして過去の私と同じ境遇にある女の子のため、これからも私にできる方法でメッセージを発信していけたらいいなと思います。その方法はまだ模索中ですが、最近ご縁があって始めたモデルとしてのお仕事がそれに繋がれば…と思っています。

  そのためにもまずは中学のころ身についてしまった“ポーカーフェイスの技術”を解放して自然に笑えるようにならなければ…ということで最近の私の研究対象はもっぱら“笑顔”。頑張ります。